ブラニフ国際/カルダー塗装フライングカラーズ DC-8-62 N1805

ブラニフ国際/カルダー塗装フライングカラーズ DC-8-62 N1805

●商品詳細

メーカー:-
スケール:-
モデルNO.:-
レジ番:N1805

モデルとなったN1805は、ダグラスDC-8-62の3号機として1967年9月に導入された機体。

ブラニフ航空では初期からDC-8シリーズを運航しており、上にB747、下にB727というフリート構成だったそう・・・

1960年代では非常に珍しいマルチカラーコンセプトを採用していたほか、このN1805はカルダーによる特別塗装を施されていた。

N1805は1983年にブラニフ国際のフリートを離れた後,リッチインターナショナル航空やペガサス航空を経て1997年に解体されています。

*カルダー塗装とは・・・1973年にはモビールで有名な芸術家アレクサンダー・カルダーを招く。1975年に『空飛ぶ色彩(フライング・カラーズ/Flying Colors)』塗装をダグラスDC-8に施し、パリ・エアショーでデビューさせた人物。

カルダーは、翌年のアメリカ独立200周年を記念する特別塗装としてスペシャルカラーのボーイング727、「Flying Colors of the United States」を就航させ、さらに3機目の『メキシコへのトリビュート』も就航予定であったが、本人の急死によりデザインが完成せず中止されたそうです。

2015-11-25-01

2015-11-25-02

2015-11-25-03

2015-11-25-04

2015-11-25-05

2015-11-25-06

2015-11-25-07

2015-11-25-08

2015-11-25-09

*こちらのブログでご紹介している機体は全て、当社フリースタイルで今までにお客様より買取した商品となります。

在庫確認につきましては、当社オークションサイトまたはオンラインショップ『WAKUWAKU!!』にてご確認下さいませ。

飛行機オークションサイトはこちらから

オンラインショップ『WAKUWAKU!!』はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください